育毛シャンプー 成分

投稿日:

育毛シャンプー 成分

育毛シャンプーに含まれている成分について調べて見ました。

薄毛や抜け毛に効果があるといっても、副作用のある危険な成分が配合されていたら頭皮に悪影響を与えてしまいます。

この記事では育毛シャンプーの成分、安全性の有無をご紹介しているので、是非参考にしてください。

育毛シャンプーはアミノ酸系で低刺激の成分を配合している

育毛シャンプーは市販のシャンプーに比べて低刺激の洗浄成分が配合されています。

洗浄力と皮膚への刺激でシャンプーを分けると、下記3種類です。

種類 洗浄力 刺激
高級アルコール系
石鹸系
アミノ酸系

こちらの表を見ると分かりますが、洗浄力の強い成分が使われている皮膚への刺激も強力になります。

また高級アルコール系には「高級」と記載があり高そうに聞こえますが、ほとんど安い市販のシャンプーに使われている成分です。

育毛シャンプーの成分を解説

育毛シャンプー 成分

育毛シャンプーを試すなら、成分表の初めの方に書いてある「代表的なアミノ酸成分」に注目してみてください。

育毛シャンプー管理人
成分の説明になるので、カタカナ語が多くなります!

効果や安全性について知りたい方は、必要な部分だけ読みとばしてください^^

コカミドブロビルベタイン

洗浄力が高くベビー用シャンプーにも使われている成分です。

泡立ちもよく、保湿効果や髪の毛の洗い上がりをしっとりさせる効果が期待できます。

刺激性が強くないので眼に入っても大丈夫な成分です。

コカミドブロビルベタインは、別名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液とも呼ばれています。

ココイルグルタミン酸2Na

ヤシ油由来の脂肪酸により作られている洗浄効果の高い成分です。

肌と同じ弱酸性なので低刺激。

高い洗浄力に加えて泡立ちも良いので、アミノ酸系シャンプーには欠かせない成分になります。

頭皮への刺激を避けて洗浄力の強い育毛シャンプーを試したい方は「ココイルグルタミン酸2Na」配合のものを選んでいきましょう。

センブリエキス

センブリエキスは市販の育毛剤や育毛トニックによく使われている成分で、毛髪の成長をサポートする効果が期待されている、育毛剤注目の成分です。

皮膚温の上昇、抗炎症作用があり、頭皮に成分が届くことで皮膚の炎症を抑えること効果が期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウム

漢方の原料として知られる甘草の根に含まれる「グリチルリチン酸ジカリウム」は、皮膚の過剰分泌を抑制、頭皮環境を整えて健やかな毛髪に導く効果が期待されています。

育毛シャンプーの安全性は成分だけでなく、国内生産の有無もチェック

育毛シャンプー 成分

育毛シャンプーの安全性をチェックするなら、国内生産の有無もチェックしていきましょう。

海外販売の育毛シャンプーだと、製造過程や含まれている成分が不透明です。

安全性を確認するなら、成分と国内生産の両方を確認するようにしてみてください。

育毛シャンプーを含めて、頭皮ケア成分で副作用はでる?でない?

育毛シャンプー 成分

育毛シャンプーに含まれていることはあまりないですが、育毛剤に含まれているミノキシジルには副作用があります。

厚生安全医薬局から「ミノキシジルの安全利用の徹底について」と発表があるとおり、ミノキシジル は安全面で配慮しなければならないのは覚えておいてください。

また育毛シャンプーを試して皮膚に赤みやかゆみがでたら、医師に相談して継続の有無を決めるようにしていきましょう。

育毛シャンプーと成分まとめ

育毛シャンプー成分まとめ

・コカミドブロビルベタイン:洗浄力が強く保湿効果あり

・ココイルグルタミン酸2Na:肌と同じ弱酸性で泡立ちが良い

・センブリエキス:毛髪の成長をサポートする効果が期待され、保湿効果あり

・グリチルリチン酸ジカリウム:皮脂の過剰分泌を防ぐ

育毛シャンプーの成分について知ったら、次は2019年人気の育毛シャンプーについて知っていきましょう。

育毛シャンプーについては当サイト管理人が実際に試して良かったものにいて『【育毛シャンプーおすすめランキング3選】薄毛・抜け毛に人気!頭皮ケア効果比較』こちらの記事にまとめてあるので是非併せて参考にしてください。

Copyright© 育毛シャンプー ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.